映画感想 リンカーン弁護士 あらすじ ネタバレ こんなカッコ良い弁護士見たこと無い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょい悪弁護士!チンピラと取引したりするグレーでワイルドな弁護士!

作品データ

原題 The Lincoln Lawyer
公開 2011年
製作国 アメリカ合衆国
監督 ブラッド・ショーマン
脚本 ジョン・ロマーノ
主演 マシュー・マコノヒー
出演者 マリサ・トメイ、ライアン・フィリップ、ウィリアム・H・メイシー、ジョシュ・ルーカス、ジョン・レグイザモ、マイケル・ペーニャ、ボブ・ガントン、フランシス・フィッシャー、ブライアン・クランストン、キャサリン・メーニッヒ、マイケル・パレ、ミカエラ・コンリン

あらすじ

ミックは弁護士。ある日、金持ちの息子ルイスが強姦事件を起こし逮捕され、彼の弁護をすることになる。ミックは以前同じような事件で他の容疑者の弁護をしており、その時は罪を認めさせることで死刑を回避した。しかし今回の事件と酷似していることから実は彼は冤罪だったと確信し、同時に今回の事件、以前の事件も共にルイスが犯人だと思うようになる。

ルイスは以前の事件は自分がやったとミックに打ち明けるが守秘義務があり告発は出来ない。それをすると弁護士資格を失ってしまう。

ミックはルイスの裁判で無罪を勝ち取り、それが終わったあとすぐに彼が以前の事件で逮捕されるように計画し、成功させた。

感想

もう、こんなオヤジになりたいよ。頭が良くて強くて顔もいいんだからさ。駄目だよこんなの。反則。

ストーリー展開もすごく面白い。犯人は途中でわかるけどちゃんと最後まで面白いっていうね。最近多い感じの作り方。大どんでん返し無しのスッキリ見られる弁護士映画。

続編見たい!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする