たばこを嫌いな人に世界を合わせるのはおかしい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tabako

ここ数年、室内禁煙が当たり前になってきました。ぼくの理想とする世界へあと一歩だ!

法律や条例は嫌いなものを排除するためのものです。

人々はタバコやタバコの煙、タバコの匂いが嫌い。だから排除する。なにもおかしくはないですね。

タバコは健康被害を与えるし、犯罪とほとんど性質は一緒でしょう。

ずっと、ずーーーっと、非喫煙者が理不尽に我慢させられてきたんだからもう十分でしょう!そこを感謝して欲しいくらい。今まで我慢してくれてありがとうって。そうだ!今気づいたけどそこへ感謝や申し訳無さが彼ら喫煙者には全然ないんだ!!

ぼくは今まで喫煙者がやってきた悪行を棚に上げすぎな気がするんですよ。昔は飛行機や電車の中でも我慢させられていたんだから当時の人は本当に可哀想です。それこそ煙を吸わされない自由を侵してるので人権侵害。

タバコを吸う自由と、煙を吸わされない自由。
タバコは吸わなくても体に害があるわけではない(吸えないストレスというのはただの依存症なので病院で治して下さい)。

受動喫煙は体に害がある。
どっちを優先するか?幼稚園児でもわかりますよ!

JTのCMで「吸う人も吸わない人も心地よい世の中へ」ってフレーズが使われてますけど。あれ喫煙者視点の戯言ですからね。CMを作った喫煙者がそうなったらいいなあって思ってるだけで、非喫煙者は吸う人も心地よい世界なんて1ミリも望んでないですよ。タバコの撲滅しか望んでないよ!あのCMはやめたほうが良いね。単純に「吸わない人が心地よい世の中へ」で良いんだから。今までさんざん迷惑かけておいて何をまだ主張してるの?

もともと吸わなければいい問題なんですから。家で吸ってればいいんですから。近隣に匂いがいくのでベランダはダメですよ。ベランダなら自分の敷地だし良いだろって顔で吸ってる人いますけどダメですよ!

上記のツイートを見て久しぶりに爆発してしまった。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする