3才 の息子にゲームをやらせてみたらどんどん上手になっていった話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

game

子供にゲームをやらせて良いものか、親なら悩みますよね。ぼくも悩みました。本当に良いのか?葛藤がありましたが、スーパーマリオオデッセイをやらせてみて少し考えが変わりました。

もともと息子はYouTuberのSEIKINさんが大好きで、その流れでSEIKIN GAMESのマリオオデッセイ実況も大好きでした。

とある日、息子が「マリオが欲しい」と言い出したので、上記の通り結構悩んだのですが、買い与えてみたところ・・・。

うーん。やっぱり3歳じゃ操作が難しいか。マリオを動かすのがかなり難しい様子。

「パパやって」がすぐに始まります。ほぼぼくがやる羽目にw ただ、自分でやりたいときもあるみたいで、時よりコントローラーを奪われますw

ほぼ毎日これの繰り返しですが、息子は徐々に上達!

最初は左スティックを動かすこともままならなかったものが、今では左スティックとジャンプボタンであるAボタンは完璧。行きたい方向に行くことは出来るようになってる!すごい成長だ!!

帽子を投げるボタンであるYボタンは一度手元を見なければならないですが、意外と出来ています!Yが帽子を投げるボタンだということは完全に覚えたようです!

ええーーこんなに成長速いの!子供すごい!!!!

なんか本体スリープも自分で出来てるし!!!

試行錯誤して繰り返すことってかなり脳に良いはず。なぜ上手くいかないのか、考える力も身につくし。

指先が器用ではない段階のマリオオデッセイはものすごく脳トレの効果があるんじゃないか?ぼくら大人でいうと左手でご飯を食べるようなものだし。きっとTVやYouTubeを見るだけよりは脳が活発に使われていることでしょう!

次の目標としては右スティックでカメラを自在に操って欲しいところです!

難点はちょっと目を離したすきにセーブした記録を消してしまいがちなところw

二人でせっせと集めた400個のパワームーンがパーになりました。ガッデム!!!

最初からやるのが好きみたいで、見ていたら帽子の国(最初のステージ)のボスを倒すところまで一人でやっていました。すごすぎる。

ってことで、ぼくは小さい子供のゲーム、いまのところ賛成です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする