【レビュー】亀田のタネザック(TANEZACK)はチョコクランチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニーお土産の定番「チョコクランチ」。

今回の商品を簡単に説明するとこれの柿ピー版だ。大きさはディズニーのそれよりもかなり小さめ。しょっぱい系お菓子でチョコクランチ型を採用したのは世界初ではないか?(予想)

ということで、TANEZACK・・・!

パッケージ 原材料 カロリー

シック。

イソマルトデキストリン・・・。いそまる・・・。

食塩量、1.33g!多い!気をつけて!

パソコン作業のお供にどうぞ的な?ぼくは今まさにこの状態だ。こんなに広大なデスクではないけど。それにしてもバーコードが書いてある白いところはなんだろう?あ、椅子の背中だ!

中身

おお!!柿の種色のチョコクランチだ!!!(正しくはチョコクランチ型の柿の種)おいしそう!!ディズニーもびっくりだぞ。

食べた感想

おおお!チョコクランチ特有の歯ごたえ!食感!面白い。そして後からやってくる味はチョコではない!柿ピーなのだ!これはちょっと良いぞ!

ピリ辛味ということで、少しだけ本物の亀田の柿の種より辛いかなという感じがする。

本物の柿ピーは食べるときにちょっとだけ煩わしいからね、小さいものが沢山入ってるから。このタネザックはひょいっと適量をつまめるのが最大の利点!お酒のおつまみやドライブ中の車の中、パソコン作業中にどうぞ。

(そうだよな、車の中で柿ピーで食べづらかったもんな・・・。これはつまめるから比較的食べやすい。ドライブ好きの柿ピー好きには革命だ。)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする