ドラえもんのび太の創世日記は大人になってから見ると怖いという話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注意:ネタバレあります

またまた子供と一緒にドラえもんの映画を見まくってます。Amazonプライム・ビデオで。プライム会員は全部無料なんですよ!ドラ映画。


子供の頃何度も見ました

この作品はぼくが子供の頃ビデオに録って何度も見返した記憶があります。

ぼくらの世代の子供の頃(90年代)って娯楽が少ないから持っているソフトを何度も見るしかないんですよ。漫画を何度も読んだり同じゲームを何度も遊んだり。

ぼくは小3で据え置きテレビゲームが禁止になったので、娯楽はゲームボーイとビデオと漫画くらいでした。今考えると良くそれで暮らせていけたなと思います。

さてそんな話はどうでもいいとして、この「のび太の創世日記」を20年振りくらいに見たんです。

見始めると、「おーーーー!!!このセリフ覚えてる!!!」と全セリフで感じるくらいに一つ一つのシーンを覚えていました。見るまでは思い出せないんだけど見たら思い出す感じ。

オー!ノスタルジック!

怖いよこの映画

で、この映画なんですが、かなり怖いです。

創世セットという道具を使って宇宙と地球を作るんです。いや、ヤバイって!何十億という人間を実験で作れるし簡単に消せるってことですよ!!

のび太が作った地球の生命はどんどん進化を遂げて文明も現れているようです。

しかもなんとなんと!!

その疑似地球のタイムマシンを使うとこの本物の地球に移動出来る設定になっています!!!

いやいやいやいやいやいや!!!!ダメ!!!絶対ダメ!!!!!その設定ダメ!!

のび太の作った地球のタイムマシンの方が性能良いじゃんか!!!本物の地球が侵略されちゃうって!!!!!

のび太の作った地球では虫も知的生命体になってしまっていて人間と衝突しそうになります。

そこでのび太は疑似地球の中でまた疑似地球を作り「そこに移動してくれない?」と言います。

んなむちゃくちゃな!!!!!

まず、信じないし!!この世界が小学生が道具で作ったものだなんて信じたくないし!!!

証拠を見せられたら信じるしかないけどなんかやだし!!!危ういものっぽいし。

その危うい疑似地球の中で更に疑似地球を作ってそこに住めって。。。鬼か・・・。

もちろんのび太が創生セットの電源を切れば全て無になるし・・・そもそも創生セットの中の神様シートを誰かが常に見張ってないといけなくない?壊されたら終わりじゃない。

だからあの知的虫人間達は同意をしたフリをしているだけだと思うんですよ。納得するわけがないんです。きっと間もなく本物の地球を侵略しにくることでしょう。だってタイムマシンで割と簡単に来られるんだから!!!!知的レベルが本物の地球より上っぽいし。

のび太とドラえもんはものすごいことをしちゃってるんですよ・・・。

あ、もしかしたら虫人間は気付いていたのか?これは創生セットの中の世界だって。それを確かめたくて本物の方に来たんだっけ?このへんの描写あったっけ?

原作読むか・・

この作品は藤子・F・不二雄先生の原作があるんです。

ちなみに大元は

この短編集の「創世日記」らしいです。

ネットであらすじを読みましたがストーリーがちょっと腑に落ちませんでした。

最後までお読み頂きありがとうございました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする