アラサーによる90年代~2000年代の邦楽ロック名曲52選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくのなかで邦楽ロックが一番盛り上がっていた2000年頃を中心にチョイスしました。

思えば、お小遣いのすべてをCDにつぎ込んでいました。最初にハマったのはスピッツ。何も知らなかったので新しいバンドを見つけては友達と教え合っていたあの頃・・・。青春。

「CDはレンタルできる」と知ったのはだいぶ先のこと・・・。ぐはああああ!!

当時、余暇は特にすることはなくインターネットにつながる手段がなかったので家で邦楽ロックを聞きまくっていました。北海道の田舎だったのでフェスにはいけませんでした。くうう。

あの頃の邦楽ロックを知らない方はもちろん、知っている方も当時を思い出してお楽しみください。それではどうぞ!

Contents

くるり/東京

上京した若者の葛藤を描いた曲。ギターのイントロだけで「あ、名曲だね」とわかるくらいの狂しいほどの名曲。くるり初期メンバー3人の初期衝動的一曲。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT/世界の終わり

ミッシェル・ガン・エレファントのメジャーデビューシングル。ミッシェルは本来こういう音楽が主ではない。彼らが生業としているのはリズム・ギターのリフを中心とした男臭いパブロックだ。しかし一見似つかわしくないこういったポップでキャッチーで疾走感のある楽曲も自分たちの色に染めてしまった。あっぱれ。ラストライブの最後の曲で演奏されたことからもわかるように本人たちもお気に入りのようだ。スマホなどの低音の聞こえないスピーカーでは聞き取れないこともあるかも知れないが、この曲、ウエノコウジさんのベースラインが動きまくっている。ライブでは更にテンポが速くなるのでミッシェルでは1・2を争う鬼ベース曲となっている。気になる方は超速ライブバージョンも確認してみて欲しい。僕自身のバンドでコピーした際、ベース担当の友人は途中でギブアップしていた。

一方ギターも凄い!もし聞いたことがなければ一度ミッシェルの心臓、「アベさんのザクザク高速ギターカッティング」も音源で体感して欲しい。

BLANKEY JET CITY/ディズニーランドへ

ボーカル・ギター浅井健一さんの友人のことを歌った曲。長いイントロからバンドサウンドになる瞬間のカタルシス。浅井さん、ベース照井さん、ドラムス中村さんが音でバチバチにやり合うライブは全ロックファン必見!

エレファントカシマシ/悲しみの果て

エレファントカシマシの「今宵の月のように」の次に有名なこの曲は2分台という短さでコンパクトにまとめられている。そういう曲もなかなか珍しい。ボーカル宮本さんにしか表現できないボーカルを、ソウルを堪能してほしい。

TRICERATOPS/Raspberry

スリーピースバンドの爽やかなダンスロックチューン。

NUMBER GIRL/OMOIDE IN MY HEAD

オタクの風貌のボーカルが細く特徴的な声で歌う。弾いているテレキャスターの音も細い。たまにヘビメタのようなデス声で叫ぶ。最初見たときは「これは一体、なにが起こっているんだ・・・」と思ったものだ。最初はドラムス・アヒトイナザワの歯切れの良いドラミングに惹かれたが徐々にボーカル向井の世界にも惹かれていった。テレビで見たライジングサンロックフェスティバルの印象が強いのか、OMOIDE IN MY HEADは青空の下で野外で聞きたいと今でも思う。

THE BLONDIE PLASTIC WAGON/Lullaby

ドラムパターンが秀逸。ギターの音、ボーカルの声が美しく激しい名バラード。ストリングスも綺麗。

スピッツ/ロビンソン

僕らの世代ならほぼ全員が知っている至宝。

ART-SCHOOL/シャーロット

序盤のベースとギターのユニゾンと高音よりの特徴的な声が印象的。

Syrup16g/Reborn

Bank Bandでカバーされてさらに有名になった曲。イントロ、Aメロ、サビ、ギター・ベース・ドラム。完璧なほどに完成されている。地味にドラムのグルーブと音がめちゃくちゃ良い。

GRAPEVINE/Our Song

「スロウ」と迷ったが、こちらにした。意外にもグレイプバインのメイン作曲家はドラムの亀井氏だが、この曲はボーカル・ギターの田中氏の作曲。

フジファブリック/赤黄色の金木犀

癖になるボーカルと叙情的な各楽器の旋律。この頃まで在籍していた初期メンバー渡辺隆之さんのドラムは個性的で好きだった。

LOVE PSYCHEDELICO/Your Song

2歳から7歳までアメリカで過ごしたボーカルKUMIのネイティブ英語がとっても格好良い。ファーストアルバムの「THE GREATEST HITS」は160万枚のセールスを記録。リフ主体のロックバンドでここまで大ヒットしたのは稀だ。

奥田民生/イージュー★ライダー

元ユニコーン(現在は再結成)・奥田民生さんの爽快ソング。夏のドライブで聴きたい。

SUPERCAR/Lucky

シューゲイザーっぽいふわーーーっとした曲。ベース古川さんとギター中村さんのデュエット。

サンボマスター/世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

電車男のエンディングテーマ。熱い。

東京事変/群青日和

「椎名林檎がバンドを組んだ!」と当時ものすごく話題になった記憶がある。個々の演奏能力が半端じゃないところが特徴。

THE YELLOW MONKEY/バラ色の日々

日本ロック界でどの括りにもハマらない特殊な存在。日本のグラムロックバンドなんてイエモン以外に思い浮かばないもんな~。

SHERBETS/グレープジュース

BLANKEY JET CITYのボーカル・ギター浅井健一さんのアナザーサイドが見られるバンド。この曲に衝撃を受け、深く暗いシャーベッツワールドにハマってしまった。

ROSSO/シャロン

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのボーカル・チバユウスケさんとBLANKEY JET CITYのベース・照井利幸さんが組んだ当時のロック少年には夢のようなバンド。シンプルながらメロディアスで疾走感溢れる名曲。

the pillows/ハイブリッドレインボウ

日本版Creep/Radiohead(と筆者が勝手に思っている)。来年で結成30周年になる、同業者にもファンの多いバンド。

Mr.Children/名もなき詩

ミスチルを嫌いな人を見たことがない。あまりいないと思うけどもし知らない人がいたら聴いてみて欲しい。アルバム「深海」あたりまでの尖った歌い方が好き。

Hi-STANDARD/STAY GOLD

日本メロコア界で最も人気のあるバンド「ハイスタ」の代表曲。最近復活も果たした。

中村一義/君の声

独特の声で歌うメロディーメイカー中村一義さんの一曲。

BRAHMAN/basis

熱い熱いバンドの熱い熱い曲。ボーカルのTOSHI-LOWさんはTHE BOOMのボーカル宮沢さんの弟だ・・・とずっと思っていたけど今ググったら都市伝説だったみたい。なんなんだ一体。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/君という花

最初くるりのパクリバンドだと思っててあまり好きじゃなかったのだけれど、実はそんなこともなくオリジナリティ溢れるいいバンドだった。

ゆらゆら帝国/発光体

このバンドも同業者にファンが多いですね。芸能界ではウエストランドの河本さんがファンです。

eastern youth/雨曝しなら濡れるがいいさ

エモーショナル!!!エモい!!!これこそ本当にエモいバンドのエモい曲。

MO’SOME TONEBENDER/未来は今

あまり知られていないけど実力が半端じゃないバンド。ドラムの藤田さんはドラムが死ぬほど上手なのに今はなぜかギターを弾いているという(笑)。この曲の頃はきちんとドラムを叩いてます。ギターの百々さん、ベースの武井さんとのスリーピースバンド。それぞれ個性の塊で最高。

sleepy.ab/夢の花

和製Radioheadと言われていたころの名バラード。各楽器の音のセンス、技術、ボーカルの表現力が素晴らしい。一度メジャーデビューするも今はインディーズに戻り活動中。

サニーデイ・サービス/スロウライダー

グルーブ感溢れるサニーデイ・サービスの名曲。

GO!GO!7188/こいのうた

当時カラオケで大多数の人が歌ってたような気がする。

PEALOUT/旅人の歌

独特な声。シリアス。

惑星/カサブランカ

ギターのフレーズがかっこ良い。なんとドラムが女性!とは思えないパワフルドラミングも良い。

In the Soup/川

独特な歌い方がハマる人にはハマる。僕はハマった。メロディセンスも抜群。

GYOGUN REND’S/Can’t Sell My Soul

知る人ぞ知るガレージロックバンド。楽しい気分にさせてくれる。

THE JERRY/ragtime

ポストミッシェル・ガン・エレファント、ポストBLANKEY JET CITYと言われたバンドのキラーチューン。

After me/悲しみのない世界

ポストスピッツと言われていたバンド。ピロウズにも似ている。が、確かにアイデンティティを持っている。

真心ブラザーズ/拝啓、ジョン・レノン

ギターデュオのジョン・レノン大好きソング。

ギターウルフ/環七フィーバー

爆音。革ジャン。サングラス。エフェクター?そんなもんいらねえ!アンプ直!メロディーはあって無いようなもの。ライブはめちゃくちゃ。これぞロックの真骨頂!ギターボーカルのセイジさんは客をステージにあげて弾かせたりする。

smarttail/strobolighter

北海道のインディーバンド。非常に美しい旋律。

Hawaiian6/MAGIC

ハイスタと同じピザオブデスのメロコアバンド。個人的にハイスタよりメロディセンスがあると思う。

椿屋四重奏/群青

セクシー。色っぽい。素敵。

THE BACK HORN/初めての呼吸で

4人のバランスが素晴らしい。ボーカル山田さんの歌声は非常に聴き応えがある。

LOST IN TIME/列車

なんでか泣きそうになる曲。

ACIDMAN/赤灯

説明不要の名曲。

BUMP OF CHICKEN/天体観測

当時友達がCDを持っていて聞かせてくれた。良い曲でびっくりした。

レミオロメン/3月9日

卒業ソングの定番となった曲。

toe/孤独の発明

インストバンド。ドラム柏倉の表現力よ。

the brilliant green/There will be love there -愛のある場所-

個人的に日本版ドント・ルック・バック・イン・アンガー(Oasis)と思っているがいかがだろう。

斉藤和義/歩いて帰ろう

シャッフルビートの名曲。僕らの世代なら「聞いたことある!」ってなる率100%。

Sound Schedule/アンサー

あまり知られていない超絶名曲。2006年に一度解散したが2012年に再結成している。

最後に

2000年付近の邦楽ロック・・・大好きだ!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする