スチーム式加湿器は手入れが簡単! 象印 EE-RN50 レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはゼーパです。冬ですね~。

象印 スチーム式加湿器 EE-RN50を導入しました。

実は1ヶ月ほど前、乾燥に耐えられず家にハイブリッド加湿器を導入した結果大失敗したのです。。。

なので信頼の置ける象印商品を購入させていただきました。。

レビューの前になぜ象印のスチーム式にしたのかの経緯を書きたいと思います。


ハイブリッド加湿器とは?

振動で蒸気を発生させる超音波式にヒート機能を合わせたものです。

なんでも超音波式での悩みの種だった「雑菌の繁殖」をヒート機能によって解決しているんだそうです。熱で殺菌してるってことですね。

僕が買ったのはスリーアップという会社のHFT-1725WHという機種です。

スリーアップ ハイブリッド加湿器 スクエアミスト 湿度コントロール機能付 ホワイト HFT-1725WH
スリーアップ

完全に適当に選んだのが悪かったのですが、この機種はヒート機能を使ってもあまり高温にならないらしく、ヒート機能を使ったほうがピンク垢が発生しました・・・。

温かくして雑菌を繁殖させやすくしてしまっている・・・。

オー・ノー!!!

しかも掃除をサボると蒸気が臭います。。。ぐはあ。。。

スチーム式加湿器とは

スチーム式加湿器とは、水を沸騰させ、その蒸気で加湿するものを言います。

実は僕、過去に2回象印さんのスチーム式加湿器を所有したことがあります。

しかし、他の加湿器を知らなかったため、水を代える作業が面倒くさいなあ~というマイナスイメージで使うのをやめてしまってました。

雑菌繁殖は加湿器の課題

しかし!他の加湿器はとんでもなく雑菌のケアが大変だったのです!!

僕が買ったハイブリッド式の加湿器は水を入れ替える度に掃除が必要でした。しかも内部が入り組んでいるため水垢をとるのにとても時間がかかりました。毎回です。これは厳しい。

象印スチーム式加湿器はなんと1ヶ月に一回クエン酸を使った洗浄を行うだけで良いのです!!最高すぎる!!!

中を見ても非常にシンプルな構造でほとんど汚れようがないプラス、常時熱湯で消毒しているので内部に菌は0です。

象印 スチーム式加湿器は最高だ

スチーム式加湿器の売上でずっと1位を走り続けている象印ブランド。

それどころか「加湿器」という大きなカテゴリでも現在1位です。

加湿器人気売れ筋ランキング!今売れている人気製品をランキングから探すことができます。価格情報やスペック情報、クチコミやレビューなどの情報も掲載しています

やはりみなさん色々試して結局ここへ落ち着くんですよね。

手入れが簡単っていうのは一番大事なことです。

EE-RN50 レビュー

外観はポットです。

お手入れ簡単シール。

ボタン類。

うちではひかえめ運転をしています。

EE-RN50のメリット

掃除・お手入れが楽チン

これに尽きますね。一番大切なことと言っても過言ではありません。

安全性が高い

倒れてもお湯が流出しにくい構造、電源コードに力がかかるとすぐに抜ける、で安全性も○。

蒸気が綺麗

沸騰させた水なので綺麗な蒸気です。

EE-RN50のデメリット

寝る前に水を満タンにしても朝起きたら空っぽになっている。

水が無くなってもアラーム音が鳴らない仕様っぽいです。

しかしこれはどうすることも出来ない・・。これ以上容量は大きくは出来ない気がしますしね。

追記:すみませんアラーム鳴る仕様でした。そして満タンの状態で弱での連続運転で寝れば朝になっても水が残っていました。寝る前は「弱」が良いかも知れません。

沸騰音がうるさい

けっこうボコボコ音がします。

湯沸かし音セーブモードというのもありますがそんなに変わりませんでした。

僕は慣れましたが耐えられない人は少しいるかも。

まとめ

ポットを作り続けてきたメーカーだから出来る最高の品質。

おすすめです!

関連コンテンツユニット



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする