DEENのなぜシングルとして発売しなかったのか分からない曲12選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hsersrs

こんにちは!

今日はロックバンドDEENのシングル以外の曲で、なぜシングルで出さなかった?と思うくらい良い曲を12曲集めてみるという試みをしようと思います。

あるんですよね~こういう曲。

え?これシングルじゃないの?嘘でしょ?って曲ね。

それではいきます!

1.さよなら

これは4th ALBUM「The DAY」の9曲目に収録されてます。もうタイトルから名曲の香りがプンプンしますよこれ。

2.君の心に帰りたい

2nd ALBUM「I wish」の9曲目に収録。2013年の3枚組ベストアルバム「DEENAGE MEMORY」にも収録されました。文句なしの名曲。

3.少年

これも2nd ALBUM「I wish」から。11曲目に収録。同じく「DEENAGE MEMORY」にも収録。
公式には8thシングル「LOVE FOREVER」との両A面シングルということだが、A面なのにシングルコレクションには収録されない不遇な曲。完全にカップリング(B面)として扱われている。

(無事2018年のシングルコレクションに収録されました。)

4.思いきり 笑って

1st ALBUM「DEEN」の5曲目に収録。同じく「DEENAGE MEMORY」にも収録。キラキラした曲。

5.blue eyes

2001年のバラードベストアルバム「Ballads in Blue〜The greatest hits of DEEN〜」に新曲として収録。同じく「DEENAGE MEMORY」にも収録。これがまた良いんだわ。

6.日曜日

7thシングル「ひとりじゃない」のカップリング。カップリングにはもったいないような。

7.いつか僕の腕の中で

5thシングル「瞳そらさないで」のカップリング。これもカップリング。

8.Burning my soul

18thシングル「JUST ONE」のカップリング。ライブでめちゃくちゃ盛り上がる曲。

カップリングのクオリティよ。

9.Shining so Beautiful

13th ALBUM 「マリアージュ」に収録。ふおー。美しい旋律じゃのう。

10.ロンリーウルフ ~上海ロックスター Episode3~

9th ALBUM 「DEEN NEXT STAGE」に収録。キーボードの山根さんがリードボーカルを務めるナンバー。サビのメロディーが秀逸なので正直シングルでも良かったと思う。

11.Tears on Earth

5th ALBUM 「pray」に収録。ぼくらは傷つけ合うために生まれてきたわけじゃない。その通り。

12.会いたい

セルフ・カヴァーベストアルバム「キセキ」に収録。セルフ・カヴァーアルバムなのに、他の歌手のカヴァーソングだけど、シングル表題曲にしても良いんじゃなかと思うほどいい曲。

まとめ

多くの曲が「DEENAGE MEMORY」やバラードベストに収録されていて隠れた名曲とかではないです。はい。DEENファンなら有名な曲ばかり。
「は?全部有名だし!」とか言わないでえええ。
もっと沢山候補があったのですが、ぼくの主観で選ぶとこんな感じになりました!
個人ブログだからこそできる「ぼくのかんがえたさいきょうのDEEN(シングル除く)」なわけです。全然恥ずかしくないですよ!

本当にいい曲が多いです。本当に。こころにディーンとささります。ディーンと。これ最初に言った人だれなんだろう。これはちょっと恥ずかしいんじゃなかろうか。最初に言う人は。ディレクターとかかな。意外とボーカルの池森さんだったりして。

あー!もっと早くDEENの素晴らしさに気付けば毎年毎年アルバムの発売ごとにお祭り騒ぎだったな…。もっと言えばライブも行きまくりだったんだろうな…。無念。

ぼくは「ひとりじゃない」からDEENは好きだったんですけど、「SINGLES+1」しか持ってなかったんです。だからほぼシングル曲しか知らなかったんですよねー。過去の自分を殴りたくなる時ってありますよね。
もったいない時間を過ごしちまったぜ…。全てのアルバムを聴くようになったのはごく最近なのだから。

もうすぐ発売のオリジナルアルバム「PARADE」も楽しみだなあ・・。
買ったその場でポータブルCDプレイヤーを使って聴きたいところですが(昔のように)、Amazonから送られてくるのでおとなしく家で寝っ転がりながら脳をスポンジにして素っ裸で聴きたいと思います。さあ、来たれ!新DEENよ!吸収する準備は出来ているぞ!

それでは!

DEEN関連記事はこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする