【カジサック】キングコング梶原が面白いということに気付いた話【西野も】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、キングコングの動画ばかり見ている。貪るように見ている。今、見ていないけど禁断症状が出ている。早く見たい。

流れ的にはYouTubeで「シバターさんの梶原さん批判動画」→「カジサックさんの動画」→「毎日キングコングの動画」という感じで見ていった。

最初はシバターの意見に「うんうんそうだよねシバター最高!梶原終わってるわ・・・」と賛同してたけど、今は梶原さんを心から応援している。なぜか?梶原さんは実は面白いことがわかったし、彼はとても努力しているから!!!!プライドも捨てて努力してるから!!!


一番面白いのは最近の毎日キングコング

カジサックさんの動画は画質が悪いし、カジサックさんのあの衣装がどうも受け付けないのであまり良いとは思えないけど(応援はしている)、「毎日キングコング」というチャンネルはすごく面白いのだ。

これはお笑いコンビキングコングの動画チームが5年前から毎日投稿していたチャンネルだ。現在はひとつの動画時間を長くして毎週投稿になっている。

その最近の長い動画がめちゃくちゃ面白いのだ。ハードルが上がるから面白いとはあまり言いたくないけど「あんまり面白くないよ」と言ったら見てもらえないので「めちゃくちゃ面白い」と言うしかないジレンマ。

とにかく大人には「カジサック」より「毎日キングコング」がおすすめ。

一番のおすすめはこれ。

「ラジオみたいで良い」とコメント欄でよく見る。けど、ラジオみたいなことを梶原さんと西野さんの表情や身振り手振りを見ながら体験できるのが素晴らしいのだ。

この動画を見ると梶原さんのエピソードトークのスキルはめちゃくちゃ高いということがわかる。一つ一つの表情も豊かで演技力も高い。喋りも丁寧で声質も固めで通りやすく聞きやすい。「松本人志のすべらない話」に出たら爆笑をかっさらえる能力があるんじゃないかと思える。それくらい面白い。

「え?キングコングって西野さんが面白くて梶原さんはイマイチじゃなかったっけ?」

キングコングのイメージ的にそう思った人も多いと思う。僕も最初そう思った。とにかく西野さんがすごくて、梶原さんは正直どんなんだったか忘れていた。なんだっけ?キンコン西野の相方で生活保護の人だよね?というイメージだった。

だが、毎日キングコングでの梶原さんはキラッキラに輝いていた。普通にメインで喋っている。水を得た魚のように嬉しそうに楽しそうに話している。

「え?これほんとに梶原さん??」

だんだんと・・・

「ああ、たしかこんな感じの人だった」

と思い出してきた。そう。もともとこういう面白い人なのだ。

西野さんは基本聞き役だ。梶原さんがトークを展開して西野さんが要所でツッコむという感じ。

最終的に「梶原さん、西野さんより面白いじゃん!」となった。

西野と梶原のトークは神

しかし、たまにある梶原さんが一人でしゃべる動画、カメラの裏にいるスタッフに話している動画だったりを見てみると何かがおかしい。確かに面白いけど、そこまで笑えないのだ。

なぜだ?

梶原さん一人の動画を見ていくうちに西野さんの「話を聞くスキル」が半端じゃないということにも気付いた。

梶原さん単体でも面白いけど、西野さんが聞いてこその梶原さんなのだなと。(コンビだから当たり前だけども)

西野さんの聞き役のスキルはすごく高く、ずっと目を見ながら突っ込むところを探しているし、梶原さんが伝えきれないところはカバーして例え話で補足もする。突っ込みは言わずもがな完璧のタイミングで的確。どの番組で見た西野さんより面白い。

梶原さんが最も輝くのは「西野さんにエピソードトークを披露している時」で、西野さんが最も輝くのは「梶原さんのエピソードトークを聴いている時」なのだ。

この2人が合わさるともう革命よ。革命のファンファーレ。

YouTuberのヒカルさんとかラファエルさんとカジサックさんがコラボした動画も見た。お笑いの素人と比べちゃだめだけど、やっぱり西野さんじゃないと梶原さんの面白さが半分くらいになっちゃうんだよなあ。「ここで西野さんなら・・・」と思ってしまう。

ついでに言うと、西野さんがメインでトークを展開する動画もあるけど、やっぱり逆の方が面白い。エピソードトークの質は梶原さんにはかなわない。


まとめ

はい、ということでキングコングべた褒め記事で、カジサックよりも毎日キングコングが評価されて欲しいというお話でした。おしまい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする